FC2ブログ

CHAI★POPPER

It moved on September 1, 2009.
2019 07123456789101112131415161718192021222324252627282930312019 09

インナーチルドレン

2010/02/05 18:49
すんません。
今回の記事、いつものノホホン料理やガールズトークに比べて
あたしのネガティブ思考が前面に押し出されてます。
気分を害される可能性もあります。ご注意下さい。
あと自己陶酔やったり、自分を可哀想な子みたいに
思ってもらいたいわけじゃないんでその辺よろしくです。





先日のこと。
仲良くさせて頂いてるブロガーさんの記事にコメントを書いたのですが
その返事で「インナーチルドレン」という言葉を知りました。

もともと、この言葉の存在は知ってたのですが内容を全く把握しておらず
この会話でだいたいの概要がわかったという感じです。

早速調べてみると
「インナーチルドレン」「インナーチャイルド」
とも言うそうですね。

あたしとリアルで長く付き合ってる方は
何年も前から、うちが散々「なんかもう1人いるねん」と言うてたり
「なんか中学生ぐらいの自分があたしを見てるねん」とか
ちょっと怪しい発言をしてるのを何度か耳にしてると思います。

これが正に「インナーチルドレン」やったんですね。

ただし、あたしが感じてるのは具体的な欠損よりも
欠損が具現化したイメージになってるみたいです。

他人を見ていてよく思うのですが
小さい頃のトラウマをけっこー把握されてる方多いんですよね。
もしくは現時点で中学生ぐらいの子もそうですし
「自分は○○があったから、こーゆーふうになってるんだ」みたいな。
それがすごいなぁと素直に思います。

・・・あたし全然気付いてなかったんですよね。
大人になってだーいぶ経ってから、それこそ最近の話。
「あっ!うちひょっとしてちょっと欠けてた?」って感じ。
それまでは「あたしこーゆーとこがあるけど何でこーなんだろう( 'ω' )??」
みたいなポヨーンとした感覚。

一番説明しやすいものを例に出すと
あたし他人とご飯食べたくなかったんですよね。特に家族と。
1人暮らしの時、何度か実家に帰ったんやけどずっとダメでしたね。
もちろん「家族とご飯食べるのイヤ(。・ε・。)」なんて言うわけないですし
なんでこんな風に思うのかなぁって自責の念の方が強かったです。
これ以外はどん引きされそうなので書けませんヾ(・ω・`;)

ま。上で言うたように「欠けてた」ことに気付いてからは
ある程度の事は自分自身に説明が出来るようになったので解決してるんですけどね。
だから今は家族と一緒にご飯食べるのは大丈夫です。

こーゆーのは一体なんなのかずっと謎でしたね。
でも実はちゃんと解明されてて
一般的に普及された言葉で説明できるもんやってんなぁ。

読めば、ほんとその通りでね。
なんか違う意味でスッキリしちゃいました。

今まで

得体が知れない何かがいるなぁ・・・
あたしだけなのかなぁ・・・
ていうか、あたし頭おかしいんかな???

そんなことを何度も思いましたからね。

細かい事は説明できませんが

あたしは自分の事を
『思春期をどこかに置き忘れてきたような大人』
と思ってます。

それは自分に酔ってるんやなくて、ただひたすら悔しいんです。
子どもが子どもらしく過ごせなかった。
あの楽しさはあの時だけやのに。
誰のせいでもないし、自分のせいでもない。
単に不器用やってん。

あたしには中学校や高校生の頃の楽しい思い出というのがありません。
1つ1つ思い返すと「あ。あれは楽しかったな」とか思い出せるんだけど
全体的に周りに馴染めなくて違和感を感じていたツライ記憶しかないんですよね。

いじめられていたわけじゃないし
単に自分が楽しもうとしてなかっただけなんやと思う。
だから悔しい。

今はそんな過去もありかなぁなんて思いますけど
やっぱ充実した中学・高校生活を送られてる方の話を聞くと胸が痛みますね。

あっ!ちゃんと友達いましたよ!!
人並みに放課後遊んだり、休みの日は遊んだりってやってました。(多分)



まー・・・そんな感じで
子どもの頃に自分自身を無視し続けると大人になってから困る。
そんだけの話っす。

子どもの頃は「大人になれば何とかなる」って思うんですよ。
ちょっと胸がワクワクして夢見るような。
いやいや。甘いよ。
なんてこたーない。
大人には現実しか待ってなくて結局ツケは払わなあかん。
一生懸命生きて来なかった人間は
大人になってから何倍も努力せんとあかん。


むしろ子どもの時よりシビアな分
割り切って必死に生きて楽しめる気がする。

ん?オールオッケィ?

せやなー。ええんかもなー。


思春期置き忘れても、インナーチルドレン抱えてても
そんな事で悲観的になってる場合ちゃうからな。
自分を幸せに出来るのは自分しかおらん。

あたしね。その人にいくら大変な事情があろうが全員同じ目線やと思うんよ。
辛さ・楽しさは人それぞれで誰かより上でもなければ下でもない。

誰かに同情してる暇があるんなら自分が頑張らなあかんし
誰かに同情されるなら、むしろアナタが頑張って欲しいし。

でも大事な人が困っていたら助けてあげたい。
それは同情とかじゃない。愛情や。


なんか最後脳内カオスってきましたけども・・・。
まとめないと終わらないのでまとめたいと思いますw


あたしはデフォルトでこれくらいクドイ人間です。
だから料理記事に逃げてるっつーのもあるね。
あんまりクドイ文章ばっか書いても引き倒されるだけやし。
料理記事を書いても怖くないけど
こーゆーのんはUPするのが怖いです。

それでも残したい言葉や想いがある。
それがブログなんやと思うし、あたしなんやと思う。

最後まで読んでくれてありがとでした(*- -)(*_ _)ペコリ
【現在お礼画像7点♪】
拍手する

【CHAI★POPPERはブログランキングに参加しています】
ブログランキング・にほんブログ村へ
【1日1回ポチっと押して頂けるとちゃいなの更新が活発になります♪】
うんと・・・
コメントしていいか分からないけども。
「こういうことから逃げてた・避けてきたから、こういう自分になったんだな・・・」てことは思い当たります。
原因があって結果があって、でもそれに気づいたときに、
今の自分に出来る対処法を探って、自分を守ったり他人に合わせたりして。
でも「自分に出来る対処法」の選択肢は年齢を重ねていくうちに増えていくから、なんとかなるんだろうな・・・なんて漠然と思って生きてます。
あー、意味不明なコメントごめんなさい。
ちゃいなたん大好きだから、許して下さい<(_ _)>
[ 2010/02/06 01:38 ] [ 編集 ]
★ダフちゃん
コメント大歓迎です!ヽ(。・ω・)ノ゛☆ありが㌧☆ ヾ(・ω・。)ノ
あたしも大好きよ(*´д`*)♪

ダフちゃんが言うてること。
なんとなくだけどわかります(つまり半分わからない感じ)
うちと比べて、ダフちゃんはちゃんとその場その場で自分と向き合ってきたんやろうなって思いました。うちは向き合ってなかったなぁと思います。だから何年も後になって総決算みたいになる。

> でも「自分に出来る対処法」の選択肢は年齢を重ねていくうちに増えていくから、なんとか
なるんだろうな・・・なんて漠然と思って生きてます。

これはよくわかる。
特にこの数年いろんな事がよく見えるようになりました。
お互いきっといろんな事を良い意味でも悪い意味でも
無難にこなせるようになってきてるんだろうねぇ。

> あー、意味不明なコメントごめんなさい。

こちらこそ意味不明な記事にレスで申し訳ないです。
でもダフちゃん愛してるから許してねっ(´・∀・`)
[ 2010/02/06 03:09 ] [ 編集 ]
結構みなさんトラウマとかあるんですね~
私もインナーチルドレン持ち(?変な言い方)
これをしっかり克服してれば問題ないんだけど
特技が現実逃避の人だから
あんまり成長も進歩もないんだけど
とりあえず後ろは見ずにノンキに過ごすことにしています
でも現実逃避って大人になってから覚えた対処法かも
[ 2010/02/06 13:27 ] [ 編集 ]
★秘密のさいこさま
> 私もインナーチルドレン持ち(?変な言い方)

ナカマ。*:★(´・ω・人・ω・`)。:゜★。ナカマ
さいこさんもいろいろあるのですね。
というかほとんどの方がきっと言わないだけでいろいろあるんでしょうね。

現実逃避はアリだと思います!
さいこさんは進歩がないと言うてるけど逃避も立派な進歩だと思う。
それがきっと大人のさいこさんにとってベストな解決策だったんじゃないかな??

あたしの場合は現実逃避=寝るになっちゃうので不便です(´・ω・`)

ブログはあたしにとって精神バランスを取る場所なので
他人の目を気にしつつもこーゆー1人ヨガリ&エゴっちぃ文章を書くと思います。
ドン引きせずにいてくれると嬉しいです(*- -)(*_ _)ペコリ
[ 2010/02/06 13:43 ] [ 編集 ]
見当違いかもしれませんが・・・。

私にもありました。
ちょっと考え込んでいたときに、『彼はそう言った』とか、『彼はそう思った』などと言う、うっとうしい存在が、中学生の頃からずっとありました。
私小説家作家のようで、そして自分を外から見ている存在です。
「彼」というのは、私自身のことです。
ちなみに、幻聴ではありません。
今では、その存在すら忘れています。

私の頭は、17歳くらいでとまっています。
昔から学校へ行くのは、苦痛でした。
不登校でもなく、欠席が目立って多いということもなかったんですが、しんどかったです。
でも、そのときの友は「刎頚の友」と思っています。

当時は、街を談笑しながら歩いてる少し年上の上の女子大生などを見ると、
『本当に楽しいのだろうか?』『楽しいふりをしているだけなんだろうか?』と真剣に考えていました。


で、この「刎頚の友」4~5人と年1回、年末に飲みに出かけるのですが、なかなか店が決まらない。
駅前から1キロ程歩いて、元に戻ることもしばしばです。
私はどこでもよいのですが、そんなことになってしまいます。

メンバーには、大手企業の管理職やら毎年東大に10人程も進学させてる学校の進路指導の教師がおりますが、このありさまです。
みんな私のように17歳でとまってはいないけれど、その心はあるようです。

話が無茶苦茶ですが、「何が言いたいのか」というと、何もありません。
ただ、私にも自分を外から見つめる存在があったということと、17歳でとまった人間がまだここにいるということをお伝えしたかっただけです。
失礼しました。
[ 2010/02/07 22:10 ] [ 編集 ]
★くまりんさま
コメントありがとうございます。
全てをしっかり受け止めさせて頂きました。

その上で自分の意見を適当ではなく真剣に返事致しますので
お気に障る部分があった場合は申し訳ないです。

見当違いというわけではありませんが
くまりんさんの状況とあたしの状況はちょうど正反対のようですね。
あたし自身は全てを無自覚で過ごしてきましたので
外から見ているのは「自分」ではなく「自分ではない自分の気配」でしたし
十代の自分に関してはほとんど記憶がありません。
くまりんさんのお話を聞いた感じでは
"欠損"というよりは"思春期"そのもののように感じられますよ。

良いお友達にも恵まれているようですし
良い学生時代を送られたのではないでしょうか。
素敵なことだと思います^^
[ 2010/02/08 02:41 ] [ 編集 ]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2010/02/09 22:39 ] [ 編集 ]
★非公開コメントの方へ
ありがとうございます。
そちらにお邪魔して返事を書かせて頂こうと思います。
[ 2010/02/10 02:04 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

Twitter
フォロー大歓迎です♪
ボタンをポチっとお願いします(。-人-。)
Follow chaipopper on Twitter
フォローを頂いた際
一言頂けると有難いです。
Twitter
ブロとも申請フォーム
ブロとも大歓迎です。初対面の方でも構いませんが今後交流のある方に限らせて頂きます。

この人とブロともになる